Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月22日 カワハギ     ・・・榎本

久々のブログ更新。
久々の乗合船(このブログにある5月31日以来)。
久々のカワハギ釣り。
久々にA氏と隣で釣りをしてきた。

A氏はカワハギ大好きで、大会にも目が無い。
色んな大会に出るもののなかなか結果が出ないという人物。
4~5年前にはそれこそ毎週のように顔を合わせてカワハギを釣っていた気がする。
朝、一緒にアサリを剥くという行為も本当に懐かしかった。

釣り座は当時からの暗黙のルールというか。
自然といつも通りに左舷の胴の間に並んで座った。

A氏は最新のカワハギタックル。
自分はそれこそ4~5年前のまま。
それだけを見ても、変わったな。と思わせる。
相変わらずの情熱。
少しは勉強もしていたけども、A氏より実際に最新・最強?の釣り方を教わる。

いざ、釣りが始まってみると、前日の好釣果ほどの勢いはなく。
ポツ・・・ポツ・・・と、たまに釣れてくる程度の滑り出し。
この時点でA氏、出遅れる。
結果的にこの時の差が最後まで残る形で釣りが終わる。

自分はハナから決めていた投げてなるべく止めずに動かして探り、ちょっと止める。ような感じの釣り。
イメージとしては動かしている時にもっとアタリがあって掛けていけるもの、と思っていたが、そんな甘くは無く、
一瞬止めた隙に当たりが出て、そこで掛けるか食われるか、というような感じ。
ちょっと長めの止めで当たりが出る事も多かった。
終始同じような釣りを繰り返す。
釣果ブログにもあるように突然バタバタっとカワハギが釣れるシーンもあれば、
逆に餌も取られないようなシーンもあり・・・
カワハギってまわってくるのかねーーといった話も何度もした気がする。

見ているとA氏は当時よりも色々な技術を習得しているらしく
当時は一切手を出していなかった宙を釣るシーンなどもあり。
やっぱり進化をしているらしかった。

しかし、終わってみれば自分が37枚でA氏は31枚。
思うように釣果が伸びないA氏の悩みは深い。

今回は自分の作戦勝ちのような気がしないでもないのだが。
あんまり深く考えずに自分の考えた釣りで一日勝負をしてみた所が良かった気がする。
それにしても久々すぎて当たりの取り方も雑だったような気がするが・・・

やっぱりカワハギ釣りは面白く。
この記憶が残っているうちに何度かやってみたい気持ちが出来た。

またA氏とお手合わせ願いたいものです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。